用途に合わせて考えるオーダーカーペット

企業用のオーダーカーペット

「会社の会議室やロッカールームなど、部分的に防音施工したいけど費用が高いのが問題」それならカーペットを敷いてみてはいかがでしょうか。コンクリートの上に敷くだけで、音が響きにくくなります。ただ会社の場合は一般家庭とは違うので、なかなか合うサイズがありません。会議室やロッカールームに合わせるために、特別にオーダーすることになります。
オーダーカーペットはなにかとめんどうと思われますが、そんなことはありません。ネットショップなら縦と横、サイズを入力し、あとはカラーや素材を選べばそれでOKです。また専用の業者にオーダーすれば、見積もりや設置まで一貫しておこなってくれます。ネットショップでサイズを図って自分たちで設置するよりも費用は高くなってしまいますが、それがめんどうなら専用業者に依頼したほうが良いでしょう。
会社は一般家庭と違ってたくさんの人がカーペットの上を歩くので、老朽するスピードは倍以上です。そのためやわらかいのが良い、なめらかさが重要など肌触りにこだわっているとすぐダメになり、頻繁に交換しなければなりません。企業で使うオーダーカーペットは耐久性を重視するのがベターです。弱い繊維ではなく、強度が高く摩擦がおきにくい素材をセレクトしましょう。

オーダーカーペットとは

オーダーカーペットは希望に合わせて1cm単位でオーダーできるカーペットのことです。カラーや形、サイズ、フチの加工を選べ、防音性、抗菌、防臭、防汚加工などの機能性にもこだわることができます。
部屋全面敷き詰めとなると大掛かりなものになってしまいますが、家具や柱の位置をきちんと測れば部屋にピッタリのカーペットを製作することも可能です。カット加工などをすれば案外手軽に作ることもできます。たとえば、柱などがある部分をカットすれば、敷き詰めカーペットが製作できたり、移動が大変な大きな家具のある場合は家具の部分をカットすれば敷き詰めも簡単にできます。ピンポイントでカットできるので、様々な場所に対応することができるのです。
また部屋いっぱいに敷き詰めなくても、畳単位の規格サイズやcm単位でのオーダーもできます。部屋にあわせて置敷きのラグを作ったり、円形、楕円形などの変形加工を施してこだわりのラグを作ることも可能です。さらにフチの加工も縁を同系色の糸でかがる「オーバーロック加工」や、カーペットの周囲を布テープで縁取る「テープ加工」、幅広いテープで覆う「ヘム加工」など、縁にも様々な加工を施して、よりスタイリッシュな印象に仕上げることも可能です。