自分だけのオーダーカーペットの制作

オーダーカーペットを作る時のポイント

オーダーカーペットを作る時は、作製を依頼する前に幾つか事前に決めておきたい事があります。一つはカーペットを敷く場所についてで、場所によって形やサイズ、材質などを考えておく必要があります。気に入ったカーペットがあっても、最小サイズや最大サイズなどに制限があるタイプもあるので、事前のサイズ決めは大切です。
またカーペットを部屋に敷き詰めたい時には、可能なタイプを探す必要がありサイズオーダーに関しては、完成後若干の誤差が出るケースもあるので、依頼業者に確認しておくのがおすすめです。サイズの次に選ぶのが毛足で、カットパイルやループパイル、ジャギー、平織など色々な種類があるので、部屋にあったタイプを選ぶのがポイントです。
オーダーカーペットを作る時、縁取りの種類も部屋をおしゃれにするポイントです。縁取りの種類は、オーバーロック加工やテープロック加工、ヘム加工などがあって同じカーペットでも縁取りの種類によってイメージが変わります。縁取りには、高級感を出す為に縁取りを見せない加工方法があるので、敷く部屋によってはそういった縁取りをしるのも良い方法です。素材は、ナイロンやアクリル、ウール、綿など色々あり、素材の種類によって価格や特徴が変わるので、予算や掃除面などを考慮して素材を選ぶのがポイントです。

オーダーカーペットは自由にカットできる

生活や部屋に合ったカーペットが欲しい、そのような時に利用するのがオーダーカーペットです。サイズや布地から選ぶことができるので、自分だけのオリジナルのカーペットを作ることができます。
オーダーカーペットの一番の利点は、自由にカットできる点にあります。部屋の間取りは家によって違ってきます。柱がある場合や部屋が四角でない場合は、ピッタリとあったカーペットを敷くことはできません。市販の物では合いませんし、複数枚を敷くと不格好になってしまいます。オーダーカーペットならば、その部屋の形に合わせて切ってもらえます。部屋のデコボコにも合わせて貰えるので、隙間なく敷くことが可能です。
大きな家具がある場合は、動かさなくてはカーペットは敷けません。ですが家具に合わせてカットしてもらえば、わざわざ家具を動かす必要もありません。非常に細かい単位で自由にカットしてもらえるのは、オーダーカーペットの最大の魅力と言えます。ただその分測定は正確に行わなくてはいけません。最近はインターネットで注文することも可能ですが、想定は自分で行う必要があります。ズレが生じないように、なるべく慎重に測るようにしましょう。